名古屋日帰りの旅 後編

愛・地球博記念公園からリニモで藤が丘駅まで戻り、歌志軒藤が丘店で昼食をとります。


名古屋といえば手羽先や味噌カツ、煮込みうどんなどまあいろいろありますが、台湾ラーメンやまぜそばというものも有名です。

これ自分的には味噌カツとか定番メニューより美味しいと思います。



台湾ミンチの入った油そば「無双 焔(ほむら)」(780円也)をいただきました。

油そばといえば、その名の通り油をつかっているので、油っぽくて胃もたれするから食べないなんて方もいらっしゃると思いますが、ここの油そばはとても食べやすいです。

とくにこの「無双 焔」はスパイシーな台湾ミンチが乗っかり、そこまで辛くもなく、ちょうど良いです。


東京には墨田区錦糸町と目黒区大岡山、東北では秋田駅前なんかにもあるらしいので、ぜひどうぞ。

食べてもらった方が説明するより早いです。




さて、昼食を食べ終わったところで、新今池ビル顔負けの(ジャンルは違いますが)激渋建築散歩へ。。

こんな感じの建物や


こんな形の、コの字形やロの字形の建物。


これでピンとこればお~と思いますが、名古屋市中村区の中村遊郭のあった地区の現在です。

中村区とは、JRや名鉄・近鉄などが通る名古屋一のターミナル駅、名古屋駅が所在する場所です。


そんな名古屋駅の目と鼻の先にこんなところが。





現在は至って普通の街で、このような元遊郭の建築は解体されるか、個人宅などとして利用されています。

中村遊郭はとても豪華な遊郭地であったらしく、確かに他の場所より豪華にみえる建築が多いなぁなんて思いました。



地図で見ると、中村日赤駅の日赤病院の裏手に上の写真にあるような街路が広がっています。

非日常的な場所ということで周囲と隔絶された空間な訳ですから、地区の入口に門があったり、こんな街路の形になるのはまあ必然というか、そんな感じですね。






名古屋駅前に戻ってきまして、ここで駅前モニュメント「飛翔」をぜひ見ておきましょう。

もうそろそろ移設されるとかそんな話があるようなので、名古屋に訪れる予定がある方はぜひ。





ミラノサンド カマンベール&海老グラタン をおやつでいただきまして、



晩御飯は毎度お馴染み、台湾ラーメンです。

名駅太閤通口のうまいもん通りにある「味仙 JR名古屋駅店」は以前名古屋に訪れたときにも食べに来ました。

これけっこう辛くて、啜ろうとすると確実にむせます。実際同じときにラーメンが運ばれてきたお客さんもむせてました。

まあ写真もみるからに辛そうですので、辛いの苦手な方は控えた方がいいかもしれないですね。


ちなみに味仙では「青菜炒め」なるメニューがあり、台湾ラーメンに並ぶ人気メニューらしいので、辛いの苦手な方でも安心ですね!




そんなわけで、ご帰宅の時間が近づいてまいりました。

名古屋駅太閤通口からバスに乗りますが、集合場所が「ゆりの噴水前」というところで、高速バスユーザーなら特にご存じでしょう。



さくら高速バス スタンダード@で帰ります。

冒頭でも書いた通り、4列シート11列編成です。

普通に狭いんですが、今回奇跡が起きました。



座席を倒されてサービスエリアでも降りづらい…みたいなことが無縁な1列目。

また1列目だからか隣がいませんでした。


通路側に荷物をおいて、一人で広々2人分使いまして、お値段1,680円でございます。

1列目は1席840円です。

よくバス会社もやりますよねぇ

毎度お世話になっておりますよ。



そんなわけで今回はおしまい、ありがとうございました。

次の更新は2月下旬か3月はじめあたりになると思いますが、変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。



ドトール紹介です。

今池店(639店舗目)


藤田医科大学病院外来棟店(640店舗目)


名古屋セントラル病院店(641店舗目)


ヨシヅヤ名古屋名西店(642店舗目)


名鉄金山店(643店舗目)



では。

0コメント

  • 1000 / 1000