九州周遊旅3日目(長崎編)


まだまだいきますよ~

SUNQパス使用期限の折り返し地点にきました。


桜島号夜行便で西鉄天神高速バスターミナルに6時に到着してから次のバスまでの約1時間、天神周辺の散策をしました。

天神地下街って日本で一番かっこいい地下街ですよね恐らく。

いつ行っても間接照明の薄暗い感じがたまらないところですね。


DCS西鉄福岡駅店、前来ました。




そうこうしているうちにバスの出発時間です。

長崎市内へ行く前に佐世保方面へ向かいます。

■第九走者「させぼ号」

西鉄天神高速BT 7:00発

→卸本町入口 8:45着


卸本町入口バス停は佐世保市大塔町周辺の高速バスのりばで、線路沿いにあるためけっこうな頻度で走る列車が見られます。


9時開店の大塔町のイオンに入待ちをして開店と同時に押しかけます。



まあこれといって特に何もなかったのでそそくさとバス停に戻りました。


ここから長崎市内へ向かいます。

■第十走者「長崎~佐世保線」

卸本町入口 10:10発

→浦上駅前 11:29着



長崎駅や中央橋方面(長崎市の繁華街)までは行かず、手前の浦上駅前で下車しました。



長崎電気軌道というらしいこの路面電車、色がとてもレトロな感じですばらしいし、この鉄道会社が運営している長崎西洋館のトンネルを潜る姿を見ると、港町・長崎の西洋感ばっちしでてますよ!と称賛したくなりますね。



そして長崎といえば平和学習ですよね。

筆者、実は中学でも高校でも平和学習の機会がほぼなかったもので、今になって学習に精を出しています。


まずは爆心地公園。

こちらの画像の石碑の位置が爆心地とのことでした。


千羽鶴が飾られていました。


長崎にはキリスト教(カトリック)の聖堂が有名なものでふたつありますが、こちらは東洋一といわれた浦上天主堂の遺構で、500m先の現在再建された姿で残る天主堂の位置から、ここ爆心地公園に移設されて展示されているようです。



そしてこの爆心地公園に隣接して存在するのが、平和公園です。


きれいに花が植えられ、追悼の心が感じられます。


階段ないしはエスカレーターを上がった小高い丘に平和公園はあります。

入口に平和の泉、そしてその先には有名な平和祈念像が鎮座しています。


が、


なんと不運なことに3月末頃まで修繕中とのことで、像を拝むことは叶いませんでした。。

8月の追悼式典にむけてのことなんでしょうかね、残念です。


まあ仕方ないのでまたの観光の機会に来るとして、そこから先ほども話題に出した浦上天主堂を見学しに行きます。



とても雄大で荘厳な雰囲気を醸し出していました。

実際に中に入っての見学もできます。


このときはちょうど結婚式をやっており、聖歌(?)を歌っておられました。

理想の結婚式の一形態であると思いましたね。



続いて原爆資料館へ向かいます。

トリップアドバイザーの「旅好きが選ぶ!博物館ランキング2018」第1位に選ばれたこちらは、200円でさまざまな展示が見られるので、言わずもがな行くべきです。



外国からの観光客も多数訪れており、核兵器の恐ろしさを学び、各々が核廃絶の重要性をしっかりと実感したことでしょう。

少なくとも私は強く実感しました。

ついでに平和学習の重要性もここで痛感しました。平和学習を疎かにする中学校や高校の先生も今一度訪れてみてはいかがでしょうかねぇ。



2時間30分たっぷりと平和学習をしたあとはやはりコーヒーが飲みたくなりますよね。

TSUTAYAに併設されているDCSみらい長崎ココウォーク店です。

とてもスタイリッシュなブックカフェでよろしいことでした。

記念すべき700店舗目はこちらでした。


ここまでもだいぶ歩きましたが、ここからもさらにずんずんじゃんじゃん歩いていきます。

長崎駅を越え、


出島ワーフという、神戸でいうメリケンパーク周辺の簡易版のようなふわふわした街並みが広がります。

横浜や神戸、函館などさまざま港町に訪れましたが、港町ってだいたいこんな感じですね。


歩くこと約30分、長崎の二大聖堂(?)のもうひとつの大浦天主堂に到着です。


入場料必要だったし疲れたのでパスしました、とりあえず外観だけおさえました。


その目と鼻の先にあるグラバー園も入場ゲート前で回れ右してパス、ああ疲れた。。


あろうことか出島までパス、まあここは外から見るだけで充分ぽいしなぁ。


やっとの思いでゴールの中央橋へ到着しました。いやぁ疲れた。


今夜のお宿も博多同様ファーストキャビンで決まりです。

こちらは博多同様の部屋タイプで1泊2,800円です。安っ。


今夜はあの福山雅治氏が長崎に帰ると必ず行くという思案橋ラーメンへ。

ここのバクダンチャンポンというメニューが美味しいとのこと。


バクダンとはすりおろしにんにくのことで、普通のちゃんぽんの上にちょこんと載っているそれです。


なんともクセになる味で、しかししつこくなく、だんだんとバクダンを崩しながら食べると味の変化が楽しめて、満足の逸品でした。
お値段は900円也。


これにて無事本日も終了です。




ドトール紹介です。

・イオン大塔ショッピングセンター店(699店舗目)


・みらい長崎ココウォーク店(700店舗目)


・長崎浜町店(701店舗目)


・長崎観光通り店(702店舗目)


・長崎銅座町店(703店舗目)





>次章・九州周遊旅4日目(佐賀編)は3月2日10時公開予定です。

この2019年春・九州周遊旅の最終章です。


では次章もおたのしみに!

0コメント

  • 1000 / 1000